スポンサーサイト

  • 2013.10.10 Thursday
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


鉄火のいろは(3)

ふじの絶望とかどうのって前に、私が絶望ですよ。

3万文字・・・・ジュゲム・・・!!

まあいいや、これでラスト記事です。 
続きを読む >>

鉄火のいろは(2)

3万文字かけるって書いてあったのに ジュゲムブログめ!

というわけで続きです。
続きを読む >>

鉄火のいろは(1)

 鉄火のいろは、観てきました。

別にレポじゃないです。日記です。
日記のくせにストーリー覚えてる範囲で追ってしまったせいで、くっそ長くなりました。
文字数・・・大丈夫・・・?

「火消しの話」という前情報しか持たずに突入したため、多分こう、火事が起こってプァーッとなってウォーッとなって女の子がキャー助けてーみたいになって俺に任せろィ!・・・とか安い想像をしていたところ、開幕ブザーの代わりに8bitのファミコンぽいBGMが流れたので、インベーダー来るー?来るー?とか言ってました。

客席がインベーダーで、
火消しがこっちに向けて水鉄砲撃つんじゃない?とか。
そういやハンカチ必須ってね、言われたっけね、みたいな。

まあ、そんなはずなかった。

フタを開けてみれば戊辰戦争。
というか上野戦争のお話でした。



たぶんこれ。たぶん。
劇中に彰義隊って出てきたし。
ツルっとした頭の軍人が彰義隊、彰義隊って言ってたもの。


長く続いた徳川幕府を打ち負かし、
新政府として世を治める「官軍(薩長軍)」。

その官軍に、敵わないながらも一矢報いて徳川家への忠義を貫こうとする「彰義隊」の男たち。

兵力の差は歴然。圧倒的不利。
このままでは鎮圧戦にすらなりません。

ならば少しでも兵をかき集めようと、
「彰義隊」の頭である富樫氏は、江戸のあらくれ、火消し衆に目をつけます。

この富樫氏がさっき言った、頭が更地だった方です。

もうね、ここだけ一足お先に焼け跡っていうか。
火消し、間に合わなかったねっていうか。


そんな話だと思います!たぶん!
そんな話に見えました!たぶん!
歴史の話は苦手なの!私の教科書、織田信長とか全然原型なかったし!
完全にサイヤ人になってたし!
横に「オラ信長」って書いてあったし!


では、続きを読む、からどうぞ。
もちろん壮大なネタバレです。私の記憶による勝手な補完とかあって、
ネタじゃないものまでばれてるかもしんない。

DVDとかお買いになられる方は注意。
続きを読む >>

アフタヌーン・ティータイム(2)

 文字数が多すぎて途切れてしまった。

一つ前の記事からの続きです。
続きを読む >>

アフタヌーン・ティータイム

 もうすっかりブログというより萌えの掃き溜めとなっているこの場所。

音楽関係で繋がっている方、まったくこっち方面に関心も興味もないのにRSSで新着の知らせが届いてしまう方に大変申し訳ない気持ちになりつつも今回も思いっきりFate/zeroです。

前回キャスター組のバレンタインはこんな感じかな、と書きましたが
今回はライダー組で。


相変わらず誰得なので好きな方だけお付き合いいただければと。




それでは続きを読むからどうぞ。
続きを読む >>

君と僕とのあいだに

あけましておめでとうございます。
すっかり1月も終わりかかってます。

年末年始は何をしてたかと言えば、ライブ行ったり、セッションやったり、冬コミ行ったり、笑ってはいけないCA見ながらそば食べたり、うっかり高尾山に登ってだんご食べたり、真かまいたちの夜クリアしたりしてました。大掃除は1/14に終わった、

年末狂ったように観ていたFate/zeroは超いいところで放送終了してしまいましたが、相変わらず聖杯戦争の意識高く日々を過ごしています。そんな中、ufotable cafeにて雨生龍之介バースデーイベントのお知らせが。


ああああああやべえええめっちゃかわいい!!めっちゃかわいい!!!


この、嬉しくてたまらない!って表情がすごくいい!!!
さあどうぞ、リュウノスケ。旦那ぁ、いいの?俺のために?ほんとにありがと!!みたいなリュウちゃんと意外に気のつく世話焼きジルがめっちゃかわいいよおおおおおお!!!!

というわけでそこから派生してキャスター組のバレンタイン。
続きを読む >>

まどかマギカ展レポ【超ネタバレ】

池袋サンシャインで開催されているまどマギ展に行ってきました!



公式サイトはこちらです↓
http://www.mpsinc.co.jp/madoka-magica-event/index.html

開催期間は12/27〜12/31 短ぇ。

しかもコミケの日程ともろかぶりしているので、いやむしろかぶせてるんだろうけど、今日を逃したらもう行けなくなると思って重い腰をあげて行ってきました。

一言で感想を言うなら、行って良かった。

まどかマギカ、好きです。

どこまでも王道な、ありきたりというよりは様式美というような物語、たった1クールにぎゅっと凝縮させて不足も蛇足もなく描かれた5人の少女たち。
この作品の持つ潔さがあらためてとても好きだと思える。
そして好きなら絶対に行って損はない!まじで!


ここからは写真をばしばし使ってレポしていきますので、これから行くからネタバレしたくない!と言う方はこのままそっとお閉じくださいませ。
行けないという方や、写真見るとよけい行きたくなる!みたいな方はぜひ見て行ってくださいな。

続きを読む >>

金のサンタ

Fateキャラのクリスマスを考える。

Twitterでは文字数が足りん!!!
なんだかんだサーヴァント連中はイベント大好きですからね!!特にZeroのやつらは定石そっちのけで相手が名乗れば名乗っちゃうし酒盛りも始めるしこういうの大好きだと思う。だからクリスマスもノリノリで参加しそう。というところから妄想を始めたらとまらなくなりました。


楽しそうな事大好きその1、ギルガメッシュ。


ギ「言峰!言峰はおらんのか!」
言「・・・なんだ、騒々しい・・・」
ギ「貴様、今日は何の日だ?こんなところで何している!」
言「・・・12月24日だが・・・何だというのだ」
ギ「貴様元マスターの癖に何も知らんのだな、今日はクリスマスだ!」
言「・・・世間的にはクリスマス・イブという」
ギ「細かいことは知らん。マニュアル(聖杯の知識)に載っておらんからな
言「・・・で?クリスマスとお前と何の関係があるのだ」
ギ「我とは関係ない。関係あるのは貴様だ」

言峰が意味わからず首をかしげていると、ギルガメッシュは得意気に王の財宝から赤い服を引っ張り出します

ギ「クリスマスには神に仕えるものこの装束を着て宝を振舞うのだろう!?さあ着ろ!そして我に宝を差し出すが良い!」
言「・・・聖杯もつまらんことを吹き込んでくれるものだ・・・」
ギ「何か言ったか?」
言「・・・何にも。しかしギルガメッシュよ、服ぐらい着てやるが宝など私は持っていないぞ」
ギ「何だと!?クリスマスなのにか?
言「この部屋に入り浸ってるお前ならわかるだろう、私は宝はおろか、余計なものなどひとつも持たん」
ギ「なにもないのか?」
言「くどい。そもそも我々は戦争中なのだぞ、そんな遊びに時を割いている暇は・・・」
ギ「またそれか。ああもういい、言峰、お前は少し世俗の煌びやかさを知るべきだ。いくぞ!」
言「・・・どこへ」
ギ「黙ってついてくるがいい。あ、服は着ろよ。こういうのは形から入るのだ」
言「・・・・・」
ギ「出でよ!ヴィマーナ!

―新都

ギ「見ろ!あの大木。安い電飾で飾られて趣味が悪いことこの上ない!」
言「・・・」
ギ「あちらでは菓子を配っているな、あのような腐りかけの果実、畜生の餌か?」
言「・・・」
ギ「おっ、言峰!お前と同じ装束の像があちこちにあるぞ!あれはなんだ?」
言「・・・ケンタッキーだ。鶏肉を売っている」
ギ「ケンタッキー?調理方法か?初めて聞くな、うまいのか?」
言「・・・王の口に合うとは思えんな」
ギ「食してみなければわからん。買ってくる

店に飛び込んでいくギルガメッシュ。
勧められるままに買ったパーティバーレルをわきに抱えて、悪態つきながらチキンかじって、「なんと俗な味だ!下品だ!言峰!お前もどうだ!」とかもう楽しくてしょうがない感じ。
そんな事してると通りがかった子供達が言峰の服を見ています。

子供1「あー!サンタさんだ!」
ギ「ん?」
言「・・・」

子供1「サンタさんでしょう?」
言「・・・いや、私は」
子供2「サンタさん!サンタさん!」
言「・・・」
子供3「サンタさん!僕ラジコンが欲しいな!」

ギ「おい小僧共!この王たる我を無視して従者(言峰)に声をかけるとはなんという無礼か!」
言「・・・ギルガメッシュ、騒ぎを起こすなよ」
ギ「ふん、弁えておるわ。なめるなよ、こうすれば良いのだろう?」

言峰からサンタ服を奪ってそのまま着るギルガメッシュ。

子供達「あ!サンタさん!」
ギ「はっはっは、もっと崇めよ」
子供達「お兄ちゃんもサンタさんだったんだね!トナカイさんは?」
ギ「トナカイだと?」
言「・・・サンタの乗り物だ」
ギ「それならあちらに停めてある」
子供達「すげー!金ピカだ!」
子供達「すげー!!」
ギ「ふはははは」

子供1「サンタさん、プレゼントちょうだい!」
ギ「なに?供物は貴様らが我に捧げるのが道理だろう」
言「ギルガメッシュ、今はこちらがサンタだ。プレゼントはサンタが配るものだ」
ギ「なんだと?丸損ではないか!」
言「わざわざサンタ服を着て子供の前に出たのはお前だろう、なら無視するか?」
子供2「サンタさん、どうしたの?」
子供3「サンタさん?」
ギ「・・・・」

ギルガメッシュの背中の空間が歪んでいく。
宝具『王の財宝』―。
たった一撃でもギルガメッシュが王の財宝を展開したら、無防備な子供などひとたまりもないだろう。

言「・・・!ギルガメッシュ!・・まさか」
ギ「・・・控えよ、言峰」
言「しかし、こんな街中では・・・」
ギ「フン、無粋な奴め」


ずい、と子供の前に進み出るギルガメシュ。

ギ「聞け、小僧ども!望みあらば我の元へ集え!王の中の王ギルガメッシュが、今宵貴様達の願いを聞き届けよう!」
子供達「???」
ギ「・・・わからんか?欲しいものがあるのだろう、言ってみよ」
子供3「・・・!僕、ラジコン!!」
ギ「ラジコン?」
言「遠隔操作できる模型だ」
ギ「ほう、待っていろ」
子供2「あの、私、私は・・・!」


こうしてギルガメッシュの周りには大勢の子供が集まり、その中心でもみくちゃにされながら次々と宝物を取り出す真っ赤な服のギルガメッシュ。・・・と、それを眺める言峰。
そして自分のサーヴァントが繁華街ど真ん中で宝具を展開したのを感じ取り、隣町の冬木で頭を抱える遠坂時臣。


こんなクリスマスがあってもいいんじゃないかと思います。


夢を語る

今日見た夢はとても幸せなものでした。

私は割と良い夢を見る率が高いです。
正確に言えば覚えているのは良い夢である率が高いです。
夢の中の私はほぼ毎回、かなり神に近い能力を持っていて、空も飛べるし雷も落せるし人の心も思いのままです。金も腐るほど持ってる。何もない空間からケーキとか出せる。夢の中はとてつもなく居心地がいいです。

今朝もまたその居心地の良い世界からこちらに引き戻されて、のこのことベッドから這い出し、顔を洗って着替えをし、仕事に来てこんなものを書いているわけですけども。

どうしたら向こうの世界に永住できるのか。
こちらの世界がそこまで辛いとは言わない、楽しい事もある、けど向こうの世界とは比べるべくもない。相手にもならない。すぐにとは言わないけど将来は向こうで暮らしたいです。言葉どおりの夢物語です。

でも夢も結局脳みその電気信号というか、その誤作動というか、なんか脳医学の一環でなんとかなるんじゃないか。身体はじゃまだから培養液か何かに脳みそだけ入れてもらって、信号を送ってある程度外側からコントロールすることがいつか可能になるじゃないんじゃないか。一般人には知らされていないだけで一国の要人とかは既にもうそういう、精神と時の部屋みたいなものを実用化してるかもしれない。五感だって最終的には脳みそが何かしてることくらい私も知ってる。もしも化学が「自分の思うままに夢を見る」技術を確立したのなら、老後は聖域で黄金聖闘士と暮らしたり、桜高校軽音部の一員になったりできる。自己の欲求で解決する限りは、脳さえ思い通りになれば全ての願いは叶うと言える。ドラゴンボールを七つ探すより英霊を6体倒すよりは格段に現実的じゃないか。二次元に行きたいとパソコンに頭をぶつけている場合じゃない。牧瀬紅莉栖はどこへ行ったら会えるのか。


そんな事を考えてたら遅刻しました。

今は妄想でしかないけれども、あと数十年したらそんな技術が一般化して、骨壷バンクならぬ脳髄バンクのようなものに入り、細胞朽ち果てるまで幸せな夢を見て過ごせたらいいなと思います。

なぜか

タバコの口移しに萌えたぎる日です。

週をまたいでもロマンいっぱい夢いっぱいでポッキーゲームを推奨する人が多いですがね、確かに外から見てる分には絵的に可愛いですよね、お菓子を両側から食べていって最後にチューとか。二次元や脳内で行われるポッキーゲームのその後はさも美しく官能的でしょう。「んっ…、甘い…」とか言ってるでしょう。現実はどうか。キスのときは相手の唇吸うわけだからクチ呼吸でいくのにポッキーでクチ塞がってる、めっちゃ鼻呼吸でフガフガ言いながら相手に近づく、ようやく到達した相手の唇、でもお互いの口内には食いかけの菓子が入ってる、

カットカットカット!!

夢は夢のままに終わらせておくべきです。
ポッキーゲームで美しいキスをしようと思ったら、もう神谷活心流奥儀をもって相手がひとくちめを噛み砕くその前にサイドをスライドしつつ相手の唇に到達するしかありません。そこまでの積極性があるならポッキーなんか噛まさなくていいんだ。突然相手を壁にでもおしつけてキスに及べばいいんです。

そこでタバコの口移しを推したい!!!

これが秘めている萌えはなかなかのものだと思います。あくまでもタバコを介しての行為なので直接どこかが触れるわけじゃないけど、お互い口に咥えたものを接触させて吸い合う。燃え上がる!燃え上がる!!相手の酸素で燃えた火がこちらのタバコに!そしてその煙がクチを通って身体の中に!!

片方だけ意識してる状況がいいですね。
タイバニだったらバニーだけ意識してるといいです。


虎「ライター切れてら・・・バニー、火ィ貸してくれよ」
兎「どうぞ」
虎「・・・なんだこりゃ?おい、どうやって使うんだこれ」
兎「ジッポーライターも知らないんですか、おじさん」
虎「俺はこんな洒落たもん・・・ああもう面倒くせえ、顔あげろ」
兎「・・・は?」
虎「お前のから火もらうからよ、ほら」
兎「・・・ちょ、そんなこと」
虎「ん・・・ほらお前もっと吸えって」
兎「・・・・」
虎「(スパー)・・サンキュな、ん?どうした、顔赤くして」
兎「・・・・知りません!///」


とかこういう感じがいいです。
この2人はタバコとかやらなそうですがもし吸っててこういう場面があったら最高です。そうしてこの後入ってきたブルーローズに「煙い!!サイテー!!さっさと消して!!」とか怒られて彼女のご機嫌をとる虎徹さんがいたらいいなと思います。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Twitter
profile
selected entries
categories
archives
search this site.
others
counter
    ブログパーツUL5
mobile
qrcode
recommend
links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR