<< 驚きの白さ | main | 鉄火のいろは(1) >>

スポンサーサイト

  • 2013.10.10 Thursday
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


【人狼TLPTで】 OH! MY GIRL,OH MY GOD!



君はキレイだから
黙ってればなんも問題ない
だけど口を開きゃ
ちょっとばかりへこむ様なこと 増えてゆく

予言者は彼じゃない
脈をとってもウソは見抜けない

意味深に立ち上がり

「僕の能力は男色家だ」と 云わないで

闘争心 萎えちゃう日もあるけど
誰もが怪しむ 君を喰うにゃ惜しいよ

OH!A SCHOLAR
喋らないでおくれ 容姿麗しき君よ
僕が傍に居てあげる
ルールを共に見よう


そー云っても誰しも
何もかもを知ってる訳じゃない
やたら理屈こねて
知的武装に頼る毎日 疲れちゃう

パワープレイ 回避する自信はない
そーゆー僕より 君の方こそ純粋で

OH MY GOD!
日和らないでおくれ

僕に その薔薇はいらない

怒髪天突きそうな振る舞い
ゲンコツに”ハァーッ”で済まそう


時に呆れもするけど

やっぱりその態度 可愛い


「いつかわかる時が来る」

飽きない 君といよう





学者・リュー(と同村した人)の歌。

歌詞眺めてて、リューっぽいなーって。
変える必要ないとこばっかりだったし。

彼はもう、あのままでいて欲しい。
そのままのリューが愛らしい。


人狼でも人間でもなく、リューという第三勢力として、ふわふわそこに居て欲しいです。


スポンサーサイト

  • 2013.10.10 Thursday
  • 18:40
  • -
  • -

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Twitter
profile
selected entries
categories
archives
search this site.
others
counter
    ブログパーツUL5
mobile
qrcode
recommend
links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR